主催者・参加者の声

大和塾 ご担当者S様

日本教育会(事務局 愛知県立佐屋高等学校)尾西地区 ご担当者T様

新聞社 ご担当者Y様

名古屋経済大学 ご担当者S様
講演に招いた結果、100点満点中、何点でしたでしょうか?
100点
この講演をどのような.に聞いてほしいと感じましたか?
本来は本学の学生及び教職員に聞かせたいと考えていました。
ご講演いただいたのは、本学の大学祭の催しの一環としてです。
本学の大学祭は、2年前から、犬山市産業振興祭「わいわい犬山フェスティバル」と連携して同じ日に開催しています。
今年度の企画に当って、私共から、午前中に映画「ビリギャル」の上映会(犬山市市民文化会館)、午後は本学キャンパスで「ビリギャル母娘トークショウ」を、抱き合わせのプログラムとして提案し実現しました。
当日は、午前中に映画を見た人数十人を含め、本学教職員、犬山市役所・商工会議所関係者をはじめ市民約500人が会場を埋め、盛会でした。
講演に招いた際、何を求めていましたか?
人の能力には様々な側面があると同時に、その成長のスピードや開花のタイミングも人によって異なること、いざやる気になった時には、それまでにはない力が発揮されることなど、人の成長の可能性についてさやかさんの体験を生々しくお話しいただくこと、また、ギャルになって以来のさやかさんを一貫して温かく見守ってきたこころさんの母としての あり方、心構えをお話しいただくことでした。
講演を聞いた後の感想をお願いいたします。
「トークショウ」が終了してからも、多くの参加者が、さやかさん、こころさんからさらに話を聞こうと列を作っていました。
お二人の、飾らない率直なお話しぶりが感銘を与えたようでした。「わいわいフェスティバル」の反省会でも、これはとても良い企画であったという参加者の声がたくさん報告されました。
こころさんからは、当日の参加者が「いい人たち」で、充実したよい催しであったというお手紙をいただきました。
私は、日を改めて本学の学生にぜひ聞かせたいという思いを新たにしたところです。
講演依頼を、募集しています。
ビリギャル(小林さやか)・ああちゃん・パパの講演依頼はメールフォームにてご相談ください。
お問い合わせフォーム
〒461-0003 愛知県名古屋市東区筒井3丁目26-25
第29オーシャンビル4F
Copyright© YMN Co.,Ltd. All Rights Reserved.

pageup